生命保険を担保にお金を借りる際の注意点

お金を借りるといえば、ふつうは銀行、労働金庫、消費者金融などといったところが思い浮かぶものですが、もしも現在有効に加入している生命保険があるのであれば、生命保険を担保にすることで、必要なお金を借りることができるのです。このように、加入している生命保険をもってお金を借りる方法は、正式には契約者貸付制度とよばれるものであり、その生命保険会社が主体ということになります。
生命保険でお金を借りる場合の特徴としては、一般的な銀行のローンなどよりも、きわめて金利が低水準であるため、返済をする上での負担が少なくてすむということがあります。しかし、そのいっぽうで、お金を借りる上ではいくつか注意したい点があるというのも事実です。
まずは、生命保険の種類についてですが、終身保険や養老保険などといった、途中で解約をすると仮定したときの解約返戻金が一定の金額以上見込まれるようなタイプのものでなければならず、場合によってはお金を借りることができない種類のものもあるということです。
また、もしもこのような制度を利用してお金を借りることができたとしても、返済がとどこおってしまった場合には、もともとの生命保険からの保険金が下りたり、解約時に解約返戻金が支払われたりといったことがなくなる可能性があるということも、考慮に入れておくべきことといえます。一時的にお金借りる目的であっても、担保にとられてしまったばかりに、生命保険が役に立たなくなることもあり得るということです。